和紙の現場を訪ねる 第12回

手漉き和紙職人・工芸家 田村晴彦さん

土佐和紙職人で、染めを手がける田村晴彦さん。和紙原料を使った半立体のアート作品を長年制作してきました。
本館にて開催中の田村晴彦和紙工芸展は初の大規模展です。
高知県展や関東の公募展での受賞作を中心に、初期から円熟した作品まで、約15点を一堂に展示しています。

どんなお仕事をされていますか?

手漉き和紙と染めの仕事をしています。
そのなかで、数々の師との出会いに恵まれ、和紙アートを創ってきました。

なぜ創作活動を始めたのですか?

山歩きや草花が好きだったので、18歳で近所の先生にお花を習ったのが始まりです。
20代はじめに高知市で草月流の免状を習得し、先生のご主人である山六郎先生のも美術の分野で師事しました。20代の早い時期から県展へたびたび出品することができたのも、先生のアドバイズのおかげです。
また、染色家の北村文和先生のも師事し、紙を染める技法を学ばせていただき、染めは後に私らしい仕事の柱となりました。
30代からは紙の仕事に全力投球していましたが、子育ても終え、還暦を機に再び創作を始めました。

田村晴彦和紙工芸展

 

田村さんにとって創作はどのようなものですか?

創作の時間は遊び心をもって臨み、ふっと息を抜く、かけがえのない時間です。幸い、紙漉き場や倉庫など、仕事柄広い空間があるので、時間を掛けて大きな作品を創ることができます。ひとつの作品に1ヶ月以上かけて取り組みます。特に県展への出品は真夏の暑さと戦いながら創作しています。

田村晴彦和紙工芸展

田村晴彦和紙工芸展 展示風景

 

土佐和紙の魅力や使い方について教えてください。

若い頃は原色を好んで使っていましたが、年齢を重ねるうちにだんだんと穏やかな色を重ねるようになり、その重ねた中から引く作業もできるようになったと思います。染めた紙原料を使って、紙漉き用のネリ(糊)でくっつけていくので、濡らしてはがすと引き算ができます。
高知県は紙の原料植物の産地で、この原料が手元にあるからこそ、作品にアレンジしたいと思いました。

 

田村 晴彦
手漉き和紙製造・染色(美術紙)
高知県手漉き和紙協同組合所属

——-紙の表彰・受賞——-
平成10年         土佐の匠
平成20年         高知県産業技術功労表彰
第9回伝統的工芸品産業振興協会奨励賞「仁淀箋」
第4回全国伝統的工芸品通商産業省生活産業局大賞
「土佐和紙 土佐図引紙」
 
——-略歴・受賞歴——-
1947(昭和22年)7.9. 伊野町公園町に生まれる
平成20年        創作再開  高知県展・入選
平成21年         高知県展・入選
平成22年         高知県展・入選
平成23年         高知県展・入選
平成24年         高知県展・褒状「融合」
平成25年         いの美術展・いの町紙の博物館賞
                      高知県展・入選
平成26年         高知県展・入選
平成27年      いの美術展・入選
                  高知県オールドパワー展・特選
                       高知県美術振興会奨励賞「涼やかに 軽やかに」
                       高知県展・入選
平成28年         高知県展・褒状「しなやかに」
                      高知県オールドパワー展・褒状
平成29年         高知県展・褒状「未来へのいざない」
                       高知県オールドパワー展・褒状「和紙の奏で」
[関東]秋耕会展
平成27年         奨励賞
平成28年         奨励賞
平成29年         新人賞
平成30年         ハートアンド賞「春光への奏で」
ページの先頭へ戻る