源太の紙、世界へ ―明治期に輸出された印刷用紙―

概要

世界から需要のあった伊野の紙を、吉井源太と海外の双方の視点から紹介します。

和紙・印刷機器等、約50点を展示します。


2/11(土)13:30~ 記念講演会「複写印刷技法を創った日本と西洋のわざ」

→要事前予約。詳細はこちらから

会期

令和5年1月20日〜3月21日
9:00〜17:00(入場は30分前まで)

料金

入場料(一般500円)で観覧いただけます。

問合わせ

いの町紙の博物館
TEL.088-893-0886 / FAX.088-893-0887

一覧へ戻る
ページの先頭へ戻る