草流舎2016素朴な干支展

概要

いの町の草流舎(主宰:田村雅昭氏)の郷土玩具「土佐和紙漆喰張り子“こだき申”」は平成28年用年賀82円郵便切手の題材に選ばれました。土佐和紙を幾重にも張り重ね漆喰で彩色した張り子の中には、無病息災や魔除けの意味があるといわれる「無患子」の実が入っており、振ると優しい音色が響きます。干支の張り子を中心に、素朴で温かみのある草流舎の作品約700点を展示販売します。

7 自動修正

関連イベント

絵付け体験

日 時:12月12日(土)・13日(日) 13:00~15:00
対 象:小学生以上
定 員:各日15名
参加費:2,000円(別途入館料要)
持ってくるもの:タオル

会期

平成27年12月1日〜平成28年1月11日
9:00〜17:00(入場は30分前まで)

料金

入場料(一般500円)で観覧いただけます。

問合わせ

いの町紙の博物館
TEL.088-893-0886 / FAX.088-893-0887

ページの先頭へ戻る